医療 法務

  • 健康・美容機器広告と薬機法

    薬機法とは、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、再生医療等製品の品質と有効性、安全性を確保するために、製造、販売、市販後の安全対策までを一貫して規制する法律です。 薬機法は広告表現についても規制しており、違反すれば行政指導や行政命令が行われたり、製品回収の必要が生じたり、罰金刑や懲役刑が科されたりするおそれがあ...

  • 健康食品やサプリメント広告と薬機法

    薬機法とは、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、再生医療等製品の品質と有効性、安全性を確保するために、製造、販売、市販後の安全対策までを一貫して規制する法律です。薬機法は広告表現についても規制しており、違反すれば行政指導や行政命令が行われたり、製品回収の必要が生じたり、罰金刑や懲役刑が科されたりするおそれがあり...

  • 化粧品やコスメティック広告と薬機法

    薬機法とは、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、再生医療等製品の品質と有効性、安全性を確保するために、製造、販売、市販後の安全対策までを一貫して規制する法律です。 薬機法は広告表現についても規制しており、違反すれば行政指導や行政命令が行われたり、製品回収の必要が生じたり、罰金刑や懲役刑が科されたりするおそれがあ...

  • 医療広告

    医療広告は、景品表示法や医療法、薬機法などによって、厳しく規制されています。医療機関のWebサイトについては、これまではガイドラインによる指導がなされていたのみでしたが、平成30年6月の医療法の改正によって、医療法による広告規制の対象となりました。ただし、十分な情報提供がなされているなどの一定の条件を満たせば、W...

  • 広告規制違反の課徴金制度

    薬機法は2021年8月に改正され、医薬品や医療機器などの虚偽・誇大広告を行なった企業に対して、課徴金納付命令が行われることが定められました。 課徴金の額は、違反期間の対象商品の売上額の4.5%となっています。景品表示法による課徴金(売上額の3%)が課せられていた場合は、これに1.5%が上乗せされるという形で、薬機...

  • 広告・キャッチコピーのチェック・リライト業務

    商品やサービスの広告には、景品表示法、薬機法(薬事法)、健康増進法、医薬品等適正広告基準、特定商取引法、医療法等の様々な法律の規制があります。広告は、これらの規制法に違反しないよう配慮して作成しなければなりませんが、法律を守るという意識だけでは、無難な広告になってしまいがちです。そこで、私どもは、薬機法をはじめと...

  • 広告法務とは

    医療機関の広告や、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器等の広告の表現や価格表示等について、様々な法律による規制が設けられています。規制法に違反した場合は、行政指導を受けたり、課徴金が課されたりするおそれがありますので、広告作成の際には法令の規定に注意する必要があります。 例えば、医療や医薬品等の広告を規制する法律...

  • 医療機関・クリニック・薬局の顧問弁護士の重要性

    医療機関・クリニック・薬局を経営していくにあたって、顧問弁護士のサポートは非常に重要になります。以下に、顧問弁護士に依頼するメリットをご紹介いたします。 患者からのクレームやトラブルについて、アドバイスを行ったり、代理人として対応を行うことができます。正当なクレームには誠実に対応しなければならない一方で、悪質な言...

  • 医療機関における契約書チェック

    医療機関を経営するにあたって、日々の契約は不可欠となっています。病院や診療所を経営する場合は、開業する土地や建物を借りる際には賃貸借契約を締結する必要がありますし、医療機器の売買契約やリース契約、医薬品を納入する売買契約など、様々な契約を締結することになります。 これらの契約にあたって用いられる契約書は、契約の相...

  • 重大な後遺障害のある交通事故に遭われたら

    症状固定とは、一定期間、適正な治療行為を行なった後、医学上一般に認められた医療を行っても、その効果が期待できなくなった状態をいいます。症状固定までは後遺症の程度などは分からないため、損害額は確定しません。 後遺障害は、その状態や程度によって、14段階の等級に分けられます。そして、その等級に応じて計算された慰謝料や...

  • M&Aにおける弁護士の役割

    そうした契約書の作成や法務的な監査を行う法務デューデリジェンスを弁護士の力を借りることで円滑にM&Aが進むことがあります。契約書などに法的な問題があれば、やはり訴訟リスクを抱えることになります。法律の専門家である弁護士と相談しながら進めることでこうしたリスクを回避できます。 さらに、M&Aに関するさまざまな相談を...

  • 医療機関の労務問題

    残業、賃金などの問題から、ハラスメントやメンタルヘルスまでの近年の様々な労務問題は、一般企業だけではなく医療機関においても大きな問題となっています。 看護師や事務職員も医療機関との間で労働契約を結んでおり、一般の労働者と変わらず労働基準法等が適用されます。医療機関の職場は勤務時間が不規則になったり、長時間になった...

  • 医療法人の設立に必要な準備と流れ

    医療法人の設立には、どのような準備が必要で、どのような流れで法人化するのでしょうか。 法人や開設する病院の名称、役員構成といった、医療法人の基本的なルールである定款案を作成します。役員等が集まって設立総会を開催し、法人の基本的な事項を決定して、設立総会議事録を作成します。 医療法人設立認可申請書を作成します。非常...

  • 医療ミスに関する示談交渉

    医療ミスがあった場合、医療過誤訴訟に進むこともありますが、訴訟となると時間やお金がかかることから、当事者の間で納得の上、示談を成立させることも少なくありません。 医療過誤での示談交渉では、医療機関の民事上の責任が問われます。民事上の責任とは、医療機関と患者の間では医療契約を締結しているところ、契約の通りに治療を行...

  • 医療法人の設立・薬局開設の許可申請の流れ

    医療法人の設立には、どのような準備が必要で、どのような流れで法人化するのでしょうか。 法人や開設する病院の名称、役員構成といった、医療法人の基本的なルールである定款案を作成します。役員等が集まって設立総会を開催し、法人の基本的な事項を決定して、設立総会議事録を作成します。 医療法人設立認可申請書を作成します。非常...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

ダブルライセンスを持つ弁護士が連携し、上質な、法律サービスを提供いたします。

弁護士・奥田敦(MLIP経営法律事務所)と弁護士・宮山雅光(三上宮山法律事務所)が協力して対応いたします。

奥田敦弁護士
弁護士
薬剤師
奥田 敦

MLIP経営法律事務所(〒105-0004 東京都港区新橋2-2-3 ル・グラシエルBLDG28-5階)

  • 所属団体
    第一東京弁護士会(53859)
  • 経歴

    大学卒業後、薬剤師資格を取得し、大手製薬会社に入社。

    その後弁護士となり、MLIP経営法律事務所にて執務。

    一般社団法人日本健康寿命延伸協会・理事

     

    薬剤師・医療経営士2級

宮山雅光弁護士
弁護士
公認会計士試験合格者
宮山 雅光

三上宮山法律事務所(〒260-0033 千葉県千葉市中央区春日2-2-7 サバビル3階)

  • 所属団体
    千葉県弁護士会(52922)
  • 経歴

    中央大学商学部経営学科卒業。

    慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。

    司法試験予備試験合格。

    公認会計士試験合格者。通知税理士合格者。

    都内大手法律事務所に所属後、地元千葉にて事務所開設。

事務所概要

Office Overview

東京エリア

代表 奥田 敦(おくだ あつし)
所在地

MLIP経営法律事務所(弁護士 奥田 敦 所属)

〒105-0004 東京都港区新橋2-2-3 ル・グラシエルBLDG28-5階

営業時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日 (事前予約で休日も対応可能です)

千葉エリア

代表 宮山雅光(みややま まさみつ)
所在地

三上・宮山法律事務所(弁護士 宮山 雅光 所属)

〒260-0033 千葉県千葉市中央区春日2-2-7 サバビル3階

営業時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日 (事前予約で休日も対応可能です)