弁護士奥田 敦・弁護士宮山雅光 > 広告法務・ライティング > 化粧品やコスメティック広告と薬機法

化粧品やコスメティック広告と薬機法

薬機法とは、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、再生医療等製品の品質と有効性、安全性を確保するために、製造、販売、市販後の安全対策までを一貫して規制する法律です。

 

薬機法は広告表現についても規制しており、違反すれば行政指導や行政命令が行われたり、製品回収の必要が生じたり、罰金刑や懲役刑が科されたりするおそれがあります。

 

化粧品やコスメティック広告においても、薬機法違反となる広告表現を行わないように注意しなければなりません。

 

化粧品の効果・効能として使用できる表現として、厚生労働省によって具体的に56個の表現が定められています。ただし、意味が変わらない程度での表現の変更は可能です。
たとえば、「乾燥による小ジワを目立たなくする」という表現は認められますが、「小ジワをなくす」などの表現は認められていません。
また、定められた表現に含まれない、「美白」や「エイジングケア」といった表現は認められません。

 

化粧品の効果効能や安全性を示すにあたって、最大級の表現やこれに類する表現を使用することは禁止されています。
たとえば、「最高の効果」や「絶対に安全」や「強力な洗浄力」などの表現は認められません。

 

化粧品の効果効能や安全性について、確実であるとの保障をするような表現は認められません。
これに関して、使用前後の比較画像やイメージを表現することも、保障表現であるとして認められていません。ただし、化粧品を使用した画像と素顔の画像を掲載して「化粧例」「仕上がり感」として示すことは可能だとされています。

 

その他にも、日常的に肌に直接つけるという特性を持つ化粧品については、様々な法令を遵守したうえで、お客様の安心に配慮し、お客様との信頼関係を築くことのできるような広告表現を心がけることが重要となります。

 

私どもは、東京都(港区、中央区、千代田区、新宿区、目黒区、品川区など)、神奈川、千葉県等関東を中心に、全国の皆さまからのご相談を承っております。
広告法務に関するあらゆる問題に対応しておりますので、お困りの際にはお気軽に当事務所までご相談ください。豊富な知識と経験から、ご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

ダブルライセンスを持つ弁護士が連携し、上質な、法律サービスを提供いたします。

弁護士・奥田敦(MLIP経営法律事務所)と弁護士・宮山雅光(三上宮山法律事務所)が協力して対応いたします。

奥田敦弁護士
弁護士
薬剤師
奥田 敦

MLIP経営法律事務所(〒105-0004 東京都港区新橋2-2-3 ル・グラシエルBLDG28-5階)

  • 所属団体
    第一東京弁護士会(53859)
  • 経歴

    大学卒業後、薬剤師資格を取得し、大手製薬会社に入社。

    その後弁護士となり、MLIP経営法律事務所にて執務。

    一般社団法人日本健康寿命延伸協会・理事

     

    薬剤師・医療経営士2級

宮山雅光弁護士
弁護士
公認会計士試験合格者
宮山 雅光

三上宮山法律事務所(〒260-0033 千葉県千葉市中央区春日2-2-7 サバビル3階)

  • 所属団体
    千葉県弁護士会(52922)
  • 経歴

    中央大学商学部経営学科卒業。

    慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。

    司法試験予備試験合格。

    公認会計士試験合格者。通知税理士合格者。

    都内大手法律事務所に所属後、地元千葉にて事務所開設。

事務所概要

Office Overview

東京エリア

代表 奥田 敦(おくだ あつし)
所在地

MLIP経営法律事務所(弁護士 奥田 敦 所属)

〒105-0004 東京都港区新橋2-2-3 ル・グラシエルBLDG28-5階

営業時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日 (事前予約で休日も対応可能です)

千葉エリア

代表 宮山雅光(みややま まさみつ)
所在地

三上・宮山法律事務所(弁護士 宮山 雅光 所属)

〒260-0033 千葉県千葉市中央区春日2-2-7 サバビル3階

営業時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日 (事前予約で休日も対応可能です)