病院 顧問 弁護士

  • 重大な後遺障害のある交通事故に遭われたら

    等級認定から賠償金が提示されるまでの流れは、まず、被害者が、病院が作成した診断書、後遺障害診断書、画像等の各種資料を保険会社に提出します。保険会社は、損害保険料率算出機構に対して資料を送付し、等級認定の審査を依頼します。そこで認定された等級を基にして、保険会社が損害賠償金を算出し、被害者に提示します。後遺障害等級...

  • 医療機関の労務問題

    もしトラブルが発生した場合でも、できるだけ早く弁護士に相談することが重要になります。また、日常的な対策からこまめに連絡を取ってリスクを管理するために、弁護士顧問契約を締結することも有効的でしょう。 私どもは、東京都(港区、中央区、千代田区、新宿区、目黒区、品川区など)、千葉県をはじめ関東を中心に、全国各地の皆さ...

  • 患者のクレーム(モンスターペイシェント)対策

    適切なクレーム対策を進めるには日頃から対応にあたる病院スタッフへの院内教育は必要不可欠となります。軽微なクレームだけなら病院内での対応で足りることがありますが、どのように対応すればよいかわからなかったり、悪質なクレームに対応しきれないという場合には、専門家に頼ることをおすすめいたします。 弁護士にご相談いただけれ...

  • 医療機関・クリニック・薬局の顧問弁護士の重要性

    医療機関・クリニック・薬局を経営していくにあたって、顧問弁護士のサポートは非常に重要になります。以下に、顧問弁護士に依頼するメリットをご紹介いたします。 患者からのクレームやトラブルについて、アドバイスを行ったり、代理人として対応を行うことができます。正当なクレームには誠実に対応しなければならない一方で、悪質な言...

  • 医療機関における契約書チェック

    病院や診療所を経営する場合は、開業する土地や建物を借りる際には賃貸借契約を締結する必要がありますし、医療機器の売買契約やリース契約、医薬品を納入する売買契約など、様々な契約を締結することになります。 これらの契約にあたって用いられる契約書は、契約の相手方が用意したものであることがほとんどですが、契約書の内容をよく...

  • インターネットトラブル(誹謗中傷・風評被害)

    このようなインターネットトラブルに対して、弁護士に相談することでどのような解決を図ることができるのでしょうか。 弁護士に依頼すれば、誹謗中傷の投稿を削除でき、根本的な解決が可能になります。また、弁護士がサイトやプロバイダに請求すれば、発信者情報の開示が認められやすくなります。早ければ10日程度で削除することもでき...

  • M&Aにおける弁護士の役割

    ここではM&Aにおいて弁護士が果たす役割について解説していきます。 まずM&Aには訴訟リスクがあります。買い手側企業・売り手側企業が何らかの原因により、トラブルに発展、訴訟というケースがあります。そうしたトラブルを未然に防ぐ、あるいはトラブルに発展しても弁護士がいれば適切に対応できます。 またM&Aは詳細な契約書...

  • 医療法人の設立に必要な準備と流れ

    法人や開設する病院の名称、役員構成といった、医療法人の基本的なルールである定款案を作成します。役員等が集まって設立総会を開催し、法人の基本的な事項を決定して、設立総会議事録を作成します。 医療法人設立認可申請書を作成します。非常に多くの書類を用意する必要があり、手間と時間がかかります。これらの書類を提出して事前審...

  • 医療ミスに関する示談交渉

    示談交渉にあたっては、法律と交渉の専門家である弁護士にご相談いただければ、迅速かつ適切な対応を見込むことができます。 私どもは、東京都(港区、中央区、千代田区、新宿区、目黒区、品川区など)、神奈川、千葉県等関東を中心に、全国の皆さまからのご相談を承っております。「医療ミスに関する示談交渉」など、医療過誤に関するあ...

  • 医療広告

    他の病院や診療所と比較して優良である旨の広告をすることは、たとえ事実であっても禁止されています。たとえば、「県内一」や「日本有数」や「最高」などの表現がこれに当たります。事実を不当に誇張して表現したり、誤認を生じさせるような広告は、誇大広告として禁止されています。また、虚偽広告や、合理的な根拠がないのに効果・効能...

  • 広告法務とは

    このように、広告法務には専門的な知識と経験が必要となるため、広告法務の専門家である弁護士に相談されることが望ましいといえます。お客様や患者様に対して誠実な、訴求力のある広告を作成するアドバイスやサポートを行っています。 私どもは、東京都(港区、中央区、千代田区、新宿区、目黒区、品川区など)、神奈川、千葉県等関東を...

  • 医療法人の設立・薬局開設の許可申請の流れ

    法人や開設する病院の名称、役員構成といった、医療法人の基本的なルールである定款案を作成します。役員等が集まって設立総会を開催し、法人の基本的な事項を決定して、設立総会議事録を作成します。 医療法人設立認可申請書を作成します。非常に多くの書類を用意する必要があり、手間と時間がかかります。これらの書類を提出して事前審...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

ダブルライセンスを持つ弁護士が連携し、上質な、法律サービスを提供いたします。

弁護士・奥田敦(MLIP経営法律事務所)と弁護士・宮山雅光(三上宮山法律事務所)が協力して対応いたします。

奥田敦弁護士
弁護士
薬剤師
奥田 敦

MLIP経営法律事務所(〒105-0004 東京都港区新橋2-2-3 ル・グラシエルBLDG28-5階)

  • 所属団体
    第一東京弁護士会(53859)
  • 経歴

    大学卒業後、薬剤師資格を取得し、大手製薬会社に入社。

    その後弁護士となり、MLIP経営法律事務所にて執務。

    一般社団法人日本健康寿命延伸協会・理事

     

    薬剤師・医療経営士2級

宮山雅光弁護士
弁護士
公認会計士試験合格者
宮山 雅光

三上宮山法律事務所(〒260-0033 千葉県千葉市中央区春日2-2-7 サバビル3階)

  • 所属団体
    千葉県弁護士会(52922)
  • 経歴

    中央大学商学部経営学科卒業。

    慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。

    司法試験予備試験合格。

    公認会計士試験合格者。通知税理士合格者。

    都内大手法律事務所に所属後、地元千葉にて事務所開設。

事務所概要

Office Overview

東京エリア

代表 奥田 敦(おくだ あつし)
所在地

MLIP経営法律事務所(弁護士 奥田 敦 所属)

〒105-0004 東京都港区新橋2-2-3 ル・グラシエルBLDG28-5階

営業時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日 (事前予約で休日も対応可能です)

千葉エリア

代表 宮山雅光(みややま まさみつ)
所在地

三上・宮山法律事務所(弁護士 宮山 雅光 所属)

〒260-0033 千葉県千葉市中央区春日2-2-7 サバビル3階

営業時間 平日 9:00~18:00 (事前予約で時間外対応可能です)
定休日 土・日・祝日 (事前予約で休日も対応可能です)